筋トレと有酸素運動どっちがダイエットに向いているのか?

よくダイエットには筋トレが良いと言われています。

根拠としては、筋トレをすることで基礎代謝が上がり何もしなくても脂肪を燃焼してくれる身体になっていくという理論です。

そもそも基礎代謝とは、1日ベッドで何もしてなくても消費するエネルギーのことです。

確かに、基礎代謝を決める要素の中に筋肉量も含まれています。なので、筋肉量が増えると基礎代謝が上がるというのはウソではありません。

しかし、だからと言って筋トレだけしていればいいという話にはなりません。

そもそも筋トレは筋肉量を増やす運動であり、有酸素運動とは心肺機能や筋持久力を向上させるものなので考え方が全く異なります。

それなのに最近は「ダイエットするなら筋トレをして、基礎代謝をあげて脂肪燃焼しやす身体にする!有酸素運動は脂肪燃焼効果が低いので非効率だ!

ということが大々的に言われています。

確かに、一理はありますが‥

では、筋トレだけやっていくとどうなるのか解説していきます。

筋トレだけやっていくと、ダイエットの場合は必ず停滞期にぶち当たります。筋トレの場合は重量が上がらない停滞期にぶち当たります

停滞期とは、ダイエットなら体重が急に減らなくなる時期のことで筋トレなら上にも書きましたが、重量が上がらなくなる時期です。

なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

答えは簡単で、筋トレだけでは心肺機能や筋持久力が向上しないからです。

筋肉はやたらあるゴリマッチョな人が階段を上がるとすぐに息切れしてしまったり、疲れや易く体調も壊し易いのはこのためです

基礎体力がないのに筋トレばかりやるので、筋肉に栄養がたくさん使われすぎて免疫細胞に栄養が行かないから体調を崩しやすい

筋肉量が多いということは、車で言ったらダンプカーみたいなものです。

そのダンプカーに軽自動車用のエンジンしか積んでいなかったらすぐにガス欠になります。

これは身体でも同じです。

なので、筋トレだけやっていれば良いというのは大きな間違いです!

筋トレも大事ですけど、有酸素運動や体幹トレーニングもとても大事です!

どちらか一方だけやっていれば良いというものではなく、両方やるから結果も出るし、健康になれます!!

ダイエットの停滞期などでは筋トレの時間を短くして有酸素運動の時間を増やすことで停滞期を抜け出せる可能性は高くなります!

また、いつも同じトレーニングだと身体がなれてしまうということもあります。

停滞期が来ても、モチベーションを下げずにトレーニング内容を少し変えてみることをオススメします!!

国分寺周辺で膝の痛み、腰の痛み、肩の痛み、ダイエット、その他身体のことでお悩みの方はぜひ一度お問い合わせ下さい!!

Create Life パーソナルトレーニング 国分寺

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP