筋トレをするメリット3つ

筋トレは病気にならない身体にしてくれる

アメリカ・スローンケタリング記念がん研究所のレマンヌらの研究によると

トレーニングを1週間に1回以上行っている場合、トレーニングをしない場合と比べがんによる死亡率が33%減少することがわかりました。

この研究は2013年にがんと診断された18歳から81歳の男女2863名を対象にしています。

この研究では、ジョギングなどの有酸素運動だけでなく筋トレの参加が大切であると結論付けています。

さらに、アメリカ・ミシシッピ大学のダンケルらは20歳以上の男女8772名を6.7年追跡調査した結果がんだけでなくすべての病気の死亡率が23%減少することが示されました。

この調査では1週間に2~3回トレーニングすることが最適であると結論付けています!

そしてトレーニングはジムでの高負荷の筋トレでなくても自宅でできる自重トレーニングでも効果があることがわかっています。

ただし必ず継続が必要です!!

病気にならないメカニズムは?というと

・トレーニングよる血圧の低下

・糖尿病のリスク低下

・グルコースの代謝の改善

・全身炎症の減少

・抑うつ症状の軽減

・認知機能の改善

・筋肉量の維持、増加

これらの効果が包括的に作用し死亡率を低下させていると考えられています!

結論、有酸素運動+筋トレを1週間に2~3回強度は自重でも構わないので、1時間程度行うとがんになる確率が33%減少し、すべての病気のリスクが23%減少する!!

睡眠の質を上げる

これは考えたら当たり前と思うかもしれませんが、筋トレをすると疲れるのでぐっすり寝れる!ということです!

これは科学的にも証明されていて、習慣的に筋トレを行っている人は睡眠の時間は増えませんが睡眠の質が上がります!

睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠に分かれて、ノンレム睡眠の方が深い睡眠になります。

筋トレを1週間に2~3回している人はノンレム睡眠の時間が増えます!

なぜなのか?

これは人間の進化論が関係していると言われています!

旧石器時代、人は身体を動かし、筋肉を使うことで狩りを行い生き延びてきました!

その筋肉をしっかり回復させる為には夜間の睡眠が重だったと考えられるのではないでしょうか。

そう考えると、習慣的に筋トレを行う事が睡眠の「スイッチ」として機能すると考えても間違いないでしょう!

人は筋肉を使うことで睡眠の質を高める仕組みを進化の過程で獲得してきたことが考えられます!

筋トレはメンタルを改善する

筋トレは「不安」を解消するこができる!

不安とはセロトニンという物質が脳内で少なくなると感じます。

日本人はもともこのセロトニンの数が少ないと言われていて、人間関係のトラブルが多いと言われています。

ですが、反面「まじめ」「几帳面」「責任感が強い」などの日本人らしい良い面も持っています!

「不安」とは元々400万年前に2足歩行を獲得し、森林からサバンナへ拠点を移しました。

しかし、そこにはライオンなどの肉食動物がうじゃうじゃいました。

いつライオンなどに捕食されるかわからない状態で生まれた感情が「不安」なんです!

この「不安」があったからこそ、人はライオンに捕食されないように寝床を慎重に探したりして生き延びることが出来ました!

なので、「不安」という感情は本来とてもいい感情なんです!

ただ、現代では社会や学校で人間関係による過剰な「不安」にさらされてしまい、精神を病んでしまう人がたくさんいます。

有酸素運動や筋トレを行うことで脳内のセロトニンを活性化して数を増やしてくれます!

セロトニンは脳内、小腸内、そして筋肉内に多くいます!

なので、1週間に2~3回1時間程度運動することでメンタルが強くなります!

「不安」を感じたときは筋トレ&有酸素運動です!

以上が、筋トレをするメリット3つでした!

気になった方は是非やってみて下さい!

一番大事なのは「継続」です!!

国分寺周辺で膝の痛み、腰の痛み、肩の痛み、ダイエット、その他身体のことでお悩みの方はぜひ一度お問い合わせ下さい!!

https://create-life2020.com

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP