トレーニングをしていて「何目指してるの?」と聞かれた時の対処法

みなさんこんにちは!Create Life パーソナルトレーニングジム 国分寺です!

今回はトレーニングをしていて「何目指してるの?」と聞かれた時の対処法について書いてきたいと思います!笑

これはトレーニングしている人あるあるかもしれないですが、よく「何目指してるの?」「何のためにやってるの?」と聞かれることがあります。

そんな時に私は「脳を鍛えている」と答えます。笑

これにはちゃんとした理由と科学的な根拠もあって、簡単に言うと「運動や筋トレをすることによって血流が良くなり、脳に血液がたくさん送られるので脳が活性化する」と言うことです!

これを詳しく解説していきます。

まずは神経系のお話からすると、運動や筋トレって突き詰めると筋肉を動かすことに集約されるんですけど、この筋肉を動かすためには脳からの指令でしか筋肉を動かすことはできません!

例えば、テニスなら相手から返ってきたボールを、この角度に肘を曲げて、左足をここに置いて、腰を回転させながら、ボールを浮かさないように力をコントロールして、などなど

ボールが返ってくる時間内で判断し、身体を動かして対処しなければいけません。

脳が判断して、各々の筋肉にこう動かせって命令するわけです!めちゃくちゃ頭使ってると思いませんか?

筋トレも一緒です!

フォームを意識して、使ってる筋肉を意識して、関節の角度、スピード、などなど

考えることは山ほどあります。

つまり、運動すると言うことは頭をとても使うと言うことです!

次に血液の話ですが、脳には血液脳関門と言って門番が存在します。

この門番はめちゃくちゃ強力で、ほぼ全てのものをシャットアウトします。

その証拠に、脳の栄養分はブドウ糖とケトン体の2種類しかないですし、アルツハイマーや認知症などの脳に関わる病気はこの血液脳関門を突破できないので苦戦が強いられています(注射や投薬をしても、この血液脳関門があるのでブッロクされてしまい、脳まで届かないためです)

つまり、脳に外部から刺激を入れることはほぼ不可能なんです。なので、内部から変えていくしかない!

そこで、運動が有効と言うわけです!

特に最近の研究では運動をすると、脳内の血液量が増えることで記憶に関係が深い海馬が大きくなり記憶力が良くなると言われています。

これは自分の体験ですが、高校生の時にテスト前に部活動が休みになった時ほどあまり頭に入らず、テスト前でも部活動があった時の方が記憶できた経験があります。

時間が限られている方が集中しなければいけないので効果が高いと思っていましたが、今考えると部活動をして運動していたから記憶力が上がっていたとも考えられるなと思っています。

結論としては運動と筋トレは神経系と血管系の両方から脳にアプローチできるので、ダイエットやボディメイクももちろんですが、脳を鍛えるというメリットもあることです!

ダイエット、ボディメイクだけではなく脳も鍛えていると思ってトレーニングするようになったら良いなと思います!

もし姿勢に悩んでる方や、肩こり、腰痛など身体の不調があるけどトレーニングしていきたい!と言う方は一度体験トレーニングにお越しくださいませ!

心よりお待ちしています!

ご予約・お問い合わせはこちら

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP